東京国分寺ロータリークラブ
多摩中グループ 国際ロータリー第2750地区

会長挨拶

2018-19年度会長挨拶


東京国分寺ロータリークラブ
2018-19年度会長

中村 早苗

クラブテーマ

友愛伝播 心ひとつに

 この度、伝統ある東京国分寺ロータリークラブ第53代会長を拝命し、その重責に身の引き締まる思いと共に、改めて歴史を受け継ぐタスキの重みを強く感じております。
 諸先輩方の築き上げた52年間の歴史を尊重し、新たに53年目の一年をしっかり前に進め、後世につなぐ1ページとなるべく精進して参ります。どうぞ宜しくお願いいたします。

 今年度のバリ-・ラシンRI会長のテーマは「BE THE INSPIRATION インスピレーションになろう」です。何か大きなことに挑戦しようという意欲を、クラブや他のロータリアンに与え、次世代に持続可能な活動を行うよう呼びかけています。
 本年度の活動はRI会長、服部ガバナーの方針をもとに、地区重点目標の達成を掲げ、従来の持続すべき奉仕活動をさらに引継ぎ、また地域のためになるような奉仕活動も以下のように企画し、実施致します。


  • 地域の子ども達を元気にする青少年支援活動 国分寺RCカップ 少年サッカー大会
  • 障害者とともに楽しむ芋ほり大会の開催
  • 地元の小・中学校と協同開催するニコニコアート展
  • 純増5名の会員増強と退会者0名目標
  • 介助犬・聴導犬の育成支援・啓蒙活動
  • ロータリーデイの開催
  • 活気ある例会づくり
  • 親睦活動の充実 自他クラブ同好会への参加 グアム地区大会への参加
  • カンボジア教師育成支援プロジェクト共同事業への支援
  • 青少年交換派遣生の支援・RYLAセミナー受講生への支援

 今年度、会長幹事はすべての会員を心から愛し大切にし、相互の友情がさらに深まるよう一年間楽しいクラブの魅力を発信し、会員を大きな輪につなげ、心ひとつに活動していけるよう、一生懸命取り組みます。クラブの運営も歴史ある当クラブの伝統、格式を守り、前向きに課題に向き合い変化に対応し、多くの方にロータリークラブの活動の素晴らしさを広げていけるように自らが率先して行動してまいります。
 会員の皆様および、ご家族、またロータリー奉仕・親睦活動に関わるすべての皆様のかわらぬご支援、ご協力、ならびにご指導を心よりお願い申し上げます。